image

 

とある仕事の案件で、福岡県下の直売所や道の駅を視察しています。

店舗デザイン、パッケージ、ディスプレイと

魅せ方に関わる分野の色使いについて

お手伝いをさせて頂くことが多いですが、

現場の意識が大切なことは言うまでもなく。

言い換えれば、現場の意識がなければ

どんなに飾り立てても意味が無いかもしれません。

 

POPやディスプレイに使えそうなものがあれば取っておく。

気がついた人がパッと作成して売り場に飾る。

旬の食材に合わせて味の特徴、料理のヒント。

それもとても気が利いていてセンスがいい!

「品種も増えてきちゃって僕らもカンペ代わりです」

と、駅長さんは笑っていましたが

POPは第二の販売員さん。

 

売り場の心意気は農家さんにもお客さんにも伝わります。

例えば、こちらの直売所のみかんコーナー

全部の農家さんが味見用のタッパーを置いています。

 

お客さんは、好みの味を探してお味見。

かならず、ひとつ、ふたつ売れていきます。