10321578_742100232532159_2493632486639994306_o

福岡市では市長選を控え、あちこちで選挙ポスターを見かけます。

その昔、カラーテレビが普及し始めたアメリカでは

ジョンFケネディ氏が紺のスーツに白シャツ、赤いネクタイと

のちにケネディカラーと呼ばれる若々しく爽やかな出で立ちで

大統領選を制したというのは有名な話です。

 

テレビの公開演説や街頭演説よりも

ポスターを見る市民が圧倒的に多いことを考えると

「ポスターから受ける印象」とても大きいです。

職業柄、目的に沿った色選びになっているのかな? という目線で

ポスターを見てしまいます。

例えば、遠くからでも名前が見えるようにとか、

お顔を好印象に魅せたいとか、

候補者によって目的があればそれを果たす色選びがあります。

 

「色彩は言葉になる」

便利なようですが、意図しないイメージを相手に与えていたとしたら

それは逆効果。

 

市民としては福岡市の未来を感じさせてくれる色が良いですね。