image

戦前、寿命が50歳代だった頃

60歳といえば「長寿」

還暦祝の赤いちゃんちゃんこ、赤ずきん、赤い座布団は

すっかりお馴染みとなりました。

70歳まで生きるのは古来稀である。というのが「古希」の由来。

古希、そして77歳の喜寿のお祝いの色は紫です。

 

紫の染料は19世紀に合成染料が発明されるまで

貝紫や紫草からほんの少ししか採れない大変希少なものでした。

濃く染めるには大量の染料を必要としたため

位の高い人にしか身につけることを許されない色だったのです。

傘寿(80歳)米寿(88歳)・・金色

喜寿(90歳)99歳(白寿)・・銀色

※諸説あります

と宝物に続く貴重な色であったのでしょう。

 

それでも今の時代、70歳でもまだまだお若い。

そういうわが父も、今年70歳。

お祝いのリクエストはiPadカバー!

 

遠くに住む家族が集まり、両親に感謝できる機会はあと何回?

そう考えると子どものイベント写真と同じくらい

両親の笑顔の写真も撮っておきたいと思う古希祝いでした。

年末年始の家族と過ごす時間をどうぞ大切に。

よい年をお迎えください。