2018年1月31日は、皆既月食の日です。

日本全国で見られる3年ぶりの天体ショーということもあって
とても楽しみですね。

20時48分ごろから部分月食が始まり
地球の影がすっぽり月を覆ってしまう
皆既月食になるのが、21時51分だそうです。

影の部分は黒く見えなくなってしまうかというと
そうではなく、太陽の一番長い波長=赤い光だけが
地球の大気で屈折・散乱されて影の中に入るため
暗い赤色に見えます。

つまり、皆既月食になったときには
赤い満月が見られるのです。

この赤い月を日本では「赤銅色(しゃくどういろ)の月」と呼びますが
海外では「ブラッドムーン」(血の月)と呼ぶようです。

赤胴(しゃくどう)は、銅に金を少量加えた合金で
艶のある暗い赤色です。

昔の人からすると、「月がどんどん赤くなるなんて!」
まるで、天からのお告げのように感じたり
血に染まるように感じたり
びっくりするような現象だったのだろうと思います。